So-net無料ブログ作成

石川遼 のオリジナルモデル“世界にひとつだけ”のパターとは? [男子ゴルフ]

Sponsored Link

4月初旬の米国男子ツアー「シェル ヒューストンオープン」から石川遼が
使用している新しいパターがある。



オデッセイの「ダマスカス・グランド#9」は、他に類を見ない“超”オリジナルモデルだ。



115368_600400.jpg




希少価値の高いダマスカス鋼はその昔、刀剣の素材として有名だった。
オデッセイは2011年以降、この鋼をフェースインサートに使用した「ホワイト・ダマスカス」、


「ホワイト・ダマスカスiX」パターを発売。
日本のツアープロや、イアン・ポールター(イングランド)らからも同素材を
使用したモデルが好評を博した。



昨年3月にはインサートだけではなく、ヘッド全体がダマスカス鋼の削り出しのモデル、
「ダマスカス・グランド」パターを日本で数量限定発売。



現在の市場では数十万円の価格が付いている。
ただし、カラーはブラックのみでヘッドの形もピン型だけだった。



今回は、石川がかねてから愛用するL字マレット型(#9)で、シルバーのモデルを製造。
もちろん特注品だ。



「プロになった2008年から、なんだかんだで1年に1本はこのL字マレットの
形のものを作ってもらっているけれど、(今作は)
『一生使いたい』と思えるくらいのもの」と石川はいう。



製造の過程で、木目調の模様が表面に浮き出るのがダマスカス鋼の特徴。
自然の神秘が作り出す現象のため、



石川用のスペアは他に2つあるというが、どれも微妙に模様が違う。
それぞれがまさに“世界にひとつだけ”のパターと言えそうだ









Sponsored Link


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。