So-net無料ブログ作成
検索選択

夏のゴルフは中高年に突然死リスクあり水分補給を! [雑記]

 中高年を中心に健康のためにゴルフに親しむ人は多い。
梅雨明け以降は、避暑地などでゴルフを楽しむ人が増えるが、気をつけたいのがゴルフ場での突然死だ。




スイングをした直後に意識を失ったり、歩行中に気分が悪くなり病院に運ばれたりする例が後を
絶たない。



「プレー優先で無理をするのではなく、健康への配慮も含めて楽しむことが紳士のスポーツだ」と
専門家は注意を促している。



 毎年夏、家族旅行をかねて避暑地でゴルフを楽しむ自営業のAさん(67)は数年前、
プレー中に突然気分が悪くなった。単なる夏バテと思ったが途中で切り上げた。


念のため病院を訪れると、医師から「脱水症状が起こっていた。このまま無理して続けていたら突
然死したかもしれない」と言われ、がくぜんとした。Aさんは「前夜に深酒して寝不足だった。


甘く見ていた」と振り返る。
スポンサードリンク






■約8割が心筋梗塞

 総務省の2011年の社会生活基本調査によると、練習場を含むゴルフをプレーした1
0歳以上の人数は924万人に達する。



年代別では60歳以上の愛好者が目立つ。現役世代から趣味にしており、
リタイア後も続けるケースが一般的だ。


かつてほどではないが、若い世代でも、休日は早朝から接待ゴルフという人もいるだろう。



 一方、運動している最中に起こる突然死では、どんな種目が多いのか。
東京都監察医務院の資料によると、ランニングとゴルフ、水泳が三大原因だという。


いずれも比較的手軽に始められ、健康維持のために取り組む人が多いスポーツだ。



特に中高年では、ゴルフが原因という例が多いという。
楽しいゴルフのプレー中などに突然死する可能性があるのを知っておくことは欠かせない。

ゴルフでの突然死の約8割は心筋梗塞


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「ゴルハラ」になる可能性も?上司や先輩は注意! [雑記]

社会人になると、上司や先輩からゴルフに誘われることがある。接待だからといって、
半ば強制的にやらされた人もいるだろう。社会人とゴルフの関係は、
ネットでたびたび話題になるテーマだ。



レッスンで年間12万円を負担 コースの場所によっては前泊も
スレッドでは、「前いた会社はゴルフかテニスどっちか半強制でやらされたわ」と
いう書き込みが寄せられていた。


スポンサードリンク








やはり無理やり始めた人はいるようだ


スレ主はゴルフを始めるにあたって「中古フルセット4万 スパイク0.6~1万 
その他1万」といった具合に投資したというが、他のユーザーからは、



お金がかかることへの懸念を示す意見が目立つ。
「回るのにまた結構かかるんやろ そのあとに飲みに行くのも



セットみたいやし負担がなぁ」「土日祝とかしかできないから、けっこうかかるんだよな」などだ。確かに土日のコース料金は平日よりも割高だ。

ゴルフというスポーツ自体の面白さがよくわからない人も多い。



「あんな小さい球を小さいホールにセコセコ入れるの考えただけで嫌やわ」
「打つ時間より歩く時間のほうが圧倒的に長いんやろ あほくさい」



スレッドの書き込みだけではゴルフがなぜ不評かがわかりにくいので
、筆者(編集部S)の体験をシェアする。当時勤務していた不動産会社では



頻繁にゴルフコンペが行われており、男性社員でゴルフをしないと肩身が狭かった。
そのため上司や先輩からの圧力に屈し、ゴルフを始めたが、
簡潔にまとめると以下のような点に負担を感じた。


スポンサードリンク










・月額1万円のレッスン料を自己負担。結局1年半通った。

・クラブやグローブなどの道具を自己負担で購入。

・レッスンは仕事帰りや休日に行うため、プライベートの時間が削られる。

・コース回りのときは、早朝から夜までつぶれる。さらに1万5000円ほどのコース料金を自己負担。

・コースでは上司・先輩に気を使いっぱなし。

・スコアが悪い場合、走りっぱなしなので体がヘトヘトになる。全く楽しくない。



お金だけでなく、時間的な負担もある。ゴルフ場は一般的に郊外にあるほか、
プレイは朝8時開始など早いため、朝5時に集合して車に相乗りして向かっていた。



以前茨城県にあるゴルフ場でプレイしたときは、神奈川県内にある自宅からでは間に合わず、
千葉県内のホテルに前泊して対応したこともあった。



ホテル代は自己負担であった。建前上は自由参加ではあるが
、非常に断りにくい雰囲気で大変だった。



「接待ゴルフも仕事のうち、というのは一時代前の考え方」
一方で、上司と一緒にゴルフをしたことで出世したり、



仕事が円滑に進むようになった、という人もいるようだ。
2009年にヤフー知恵袋に寄せられた相談では、



「就職後にコンペで取締役クラスと知り合って仕事がやりやすくなった」という
エピソードも見られる。また、



「またゴルフが上手くなっていく過程で、だんだんと心が鍛えられてそれが
仕事面でプラスに働くということはあるかもしれません」


など、精神修養的な効果もあるようだ。


とはいえ、気乗りしない人に強制するのはいかがだろうか。
総合ゴルフショップのゴルフパートナーが2014年に掲載したブログでは、



「ゴルハラ(ゴルフハラスメント)」という言葉を紹介。「行きたくない人を
無理やりゴルフに誘うこと」だといい、



「接待ゴルフも仕事のうち、というのは一時代前の考え方なのかもしれません。
そのゴルフ代が経費として落ちないのであれば仕事とは言い難い」



と指摘した。ゴルフにより人間関係が向上するメリットはあるが、
無理強いすればハラスメントになりかねない。気を付けたいところだ。



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

豪華!プロゴルフ優勝副賞の実態!車にボート、複合機、まぐろ解体ショーまで [雑記]

50歳以上のシニアプロの公式戦、日本プロシニア選手権に取材に行ってきた。
大会前に会場に行くなり、選手たちが「マグロ、欲しいよなあ」と言っているのを耳にした。


何のことかと思ったら、優勝副賞は「本マグロ解体ショーとにぎりサービス」。


なかなかユニークだ。

優勝副賞はほとんどの場合、「車」がついていた。今でこそ、電車で行って、
クラブバスに乗って、というゴルフ場は多いが、かつてはゴルフに行くには車



というのが定番だった。だからではないだろうが、やはり豪華さという意味で「車」が
魅力的だったのだろう。


古い資料はないのだが、1962年の中日クラウンズで優勝した石井朝夫が
「トヨタのパブリカをもらってうらやましがられた」と聞いたことがある。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

クラブがゴルファーのスイングを変える時代 [雑記]

デジカメやパソコン同様、ゴルフクラブもモデルチェンジのサイクルが非常に短い。
1年、もしくは2年ごとに新製品が出るのが当たり前になっている。



そして、モデルチェンジごとに、クラブメーカーは「さらなる飛距離アップ」を
大々的にアピールしている。



 では、今どきのクラブはどんなふうに「飛び」を進化させているのか?


 ルールで高反発が規制されているので、多くのモデルはスピンを減らして飛距離アップを
狙っている。



そして、ミスヒット時の飛距離ロスを抑えようと努力しているが、ここにきて新たな提案を
するメーカーが出てきた。



 15年間、日本国内でもっとも売れたゴルフクラブ、ゼクシオはモデルチェンジで
ゴルファーのスイングに影響を与えるドライバーを登場させてきたのである。


 9代目となるゼクシオのキャッチフレーズは、「クラブがあなたのヘッド軌道を変える」。


アマチュアが飛ばない原因は、ダウンスイング前半で手首のコックがほどけることにある。
それをクラブで解消し、ダウンスイング前半で手首のコックをキープ(保持)することで、
ヘッドスピードを上げ、飛距離アップを狙っているのだ。




 具体的に言うと、新しいゼクシオは手元がしなるシャフトを装着している。
手元がしなるシャフトは切り返しでヘッドが遅れやすい。



シャフトのしなりをうまく利用することで、手首のコックをキープし、
アマチュアゴルファーのスイングをプロのスイングに近づけようとしているのである。


 説明するまでもないが、ゴルフクラブには車のようにエンジンの類いは一切ついていない。
クラブを生かすも殺すもゴルファー次第だと考えると、今回のゼクシオの新しい試みである
「スイングが変化するクラブ」は至極まっとうだ。


 ドライバーの飛距離を伸ばすにはスイングを良くすることは必要不可欠で、
これは避けて通れない。


ゴルフクラブは、いよいよアマチュアゴルファーのスイングを変化させる時代に突入したのである。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【部下育成編】仕事はゴルフに例えて考えなさい [雑記]

“力を入れすぎたドライバーショットが失敗して飛ばない” 同様に “何故、
部下に力を入れすぎて成果から遠ざかるのか?”


パターで100ヤード飛ばそうとはしないのに、なぜ部下に苦手な事を要求してしまうのか?

上司となって部下を持つと、最初のうちは 「良い上司になろう」 と思うのに、
知らず知らずのうちに、部下を無理矢理コントロールしようとしてしまうのは何故なのか?



部下を本当の意味で理解し、その強みを活かして、チームとして成果を上げるにはどうすれば
良いのか?


それは、ゴルフとチームマネジメントを重ね合わせて考えるとわかりやすい。


(但し、ゴルフをやったことない方や、ゴルフに興味のない方は、全く面白くないかも
しれませんので予めお断りしておきます)


さて早速質問です。〇か×でお答えください。

質問

1.ゴルフのドライバーで飛距離を出す秘訣は、渾身の力を込めて、思いっきり振ることである。

2.パターでも、100ヤードを狙って思い切って打つことがあっても良いと思う。

おそらく、多くの方が1も2も「×」と答えるだろう。もちろん正解である。
そこで大事なのは理由である。理由を尋ねたら、皆さんは何と答えるだろうか?


ドライバーは、チカラを入れればいいってもんじゃないよ」 「ドライバーは、力むほどスライスしたり、フックしたりでまともな方向にいかないよ」 「パターで100ヤードを打つやつなんていないよ」


と、まぁこんなところだろう。
しかし、それは本質を捉えた表現とは言えない。


本質的な回答は

「クラブの特性を理解し、その状況に合わせ、適合した打ち方をすることで良い結果が出る。
よって、状況と合わないクラブは使用しないし、間違った打ち方はしない」

というのが正解だろう。


そう、我々は、ドライバーはパワーを溜めて正確にヒットすれば力いっぱい振らなくても
飛距離が出ることは頭では分かっている。



しかし、距離を飛ばそうとすると、どうしても力んでしまう。
それは仕事に置き換えれば


「成果を出させようと思うほど、部下に激を飛ばしたくなる。コントロールしたくなる。」

というのに似ている。

パターは、進む距離こそ短いが精密なパットを行うクラブである。だから繊細さを失くし、
乱雑に扱うと、成果が出ない。

これを仕事に例えると、部下を繊細に扱うべき場面で強く接し、成果が出せなくなるのと同じだ。

それは、我々が責任者(上司、マネージャー)になると、成果を出さなければという責任感から、
つい力んでしまうからだ。

上司は、チームとして成果を出せないと、心のどこかでつい部下の責任にしてしまうところがある。





続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

オバマ大統領、ゴルフ場挙式に飛び入り [雑記]


米カリフォルニア州でゴルフを楽しんでいたオバマ大統領が、同じ場所で行われていた
結婚式に飛び入り参加する出来事があった。



カリフォルニアを訪問中のオバマ大統領はこの日、ラホヤにあるトリーパインズ・
ゴルフコースでゴルフを楽しんだ。



同ゴルフ場ではちょうど、ステファニー・トービさんとブライアン・トービさんが
結婚式を挙げるところだった。





obama-wedding-crash.jpg



ブライアンさんはCNN系列局のKGTVに、「シークレットサービスの
車2台を見かけたので、大統領がいることは知っていた」と話す。


カメラマンのジェフ・ヤングレンさんによると、挙式は開始を遅らせるか、
すぐに始めなければならないと伝えられていたという。



トービさんたちは挙式を遅らせることにして、大統領が18番ホールを終えるのを待ち、
ホテルの部屋でシャンパンを楽しみながら、窓から大統領の姿を探そうとしていた。



そんな2人にヤングレンさんが提案した。「あそこへ行けば、きっと写真を撮らせてくれるよ」。
ステファニーさんはすぐその提案に乗って駆け出した。



タイミングはバッチリだった。オバマ大統領は快く記念撮影に応じ、
ヤングレンさんは大統領が新郎新婦や出席者と談笑する様子をカメラに収めた。


「大統領は、特に新婚の2人にはとても親切で丁寧だった」とヤングレンさん。
出席者の1人は「忘れられない一生の思い出になった」とブログに記した。











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ヘッドスピードがでているのに飛ばない人! [雑記]

今週月曜日、大ヒットブランド、ゼクシオの新製品記者発表があった。
今回のモデルチェンジで9代目。



初代から8代目までで出荷総本数は何と1632万本。
ゼクシオは発売から15年以上経過しているが、
昔も今も売り上げナンバーワンを維持している。





60fd4f228cc90ec1bba64473097c4b0520151009130111431.jpg

イラスト・上間久里(C)日刊ゲンダイ


 さて、このゼクシオ。今回はアマチュアのヘッド軌道を改善させ、
それでヘッドスピードを上げることを狙っている。



ヘッドスピードが上がればボール初速が上がり、さらなるアップを狙えるという
ロジックである。


 この考え方は至極まっとうであるが、ヘッドスピードを上げて飛ばすには、
2つの要素を満たすことが求められる。


 ひとつは打点位置。いくらヘッドスピードが上がっても、芯を外して打てばエネルギーロスが発生する。遠くに飛ばすには、芯でとらえることが必要不可欠だ。


もうひとつのポイントはヘッドの進入角度。男性アマチュアゴルファーと女子プロは、
どちらもヘッドスピードは40メートル/秒前後だが、女子プロの方が飛ぶ。



これはヘッドの進入角度が異なるからだ。
女子プロはアッパー軌道でボールをとらえるために、インパクトのエネルギー効率が高く、
ボール初速が上がる。




 対して、男性アマの場合、ヘッドスピードの割に飛ばない人ほど、
ヘッドの進入角度がダウンブロー。



ドライバーでも打ち込む軌道になっており、これが原因でインパクトの
エネルギー効率が下がり、ボール初速が上がっていない。



 同じヘッドスピードでも、ダウンブローに打つとスピンロフトが増え、
ボール初速が上がりづらくなる。



対して、アッパーブローに打つとスピンロフトが減り、ボール初速が上がりやすくなる。
例えば、3度ダウン軌道で打てばスピンロフトが3度増え、
3度アッパー軌道で打てばスピンロフトが3度減るのだ。



 スピンロフトの概念は、まだまだ日本で定着していないが、スピンロフトは
飛距離アップに欠かせない要素である。



これから出る新製品の中には、スピンロフトをアピールするドライバーが
登場してくるかも知れない。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ゴルフレッスン!障害物越えの寄せ 秘訣は「レレレのおじさん」 [雑記]

グリーン手前までボールを運ぶことができた。


しかし、バンカー越えのアプローチショットとなった。パー5の3打目、
これをうまく寄せたらバーディーチャンスも、結果は目の前のバンカーを意識し過ぎて大ダフリ、
あるいは大トップしてしまいバンカーの餌食に-そんな苦い経験をしていませんか?




 バンカーや池などの障害物越えの寄せは、ミスショットをしたくない思いが強まります。
何しろ、グリーンは目の前ですからね。



 なぜダフリやトップのミスが飛び出すのか。


その原因は手元がほとんど動かず、ヘッドだけを走らせてボールをヒットしようとするためです。
これがミスのメカニズム。ボールをフワッと浮かせて障害物をクリアし、
グリーンに乗せる寄せの秘訣は、手元を動かすことにあるのです。




 「お出かけですか?」が口癖の竹ぼうきを手にした「レレレのおじさん」を思
い浮かべてください。



あの独特な竹ぼうきの動かし方こそが、実は障害物越えアプローチショット法なのです。


 手元(グリップ部分)とほうきの先(ヘッド部分)を同じスピードで動かすことで
ヘッドはレベルに走り、インパクトが点から線となり、ジャストミート率は格段にアップします。




 通常のショットではグリップエンドを支点にして、手元部分をできるだけ動かさず、
クラブの先端に位置するクラブヘッドを動かすことが求められます。




しかし、これはボールを遠くへ運ぶための方法であり、ボールを高く打ち上げる
スイング法ではありません。



 障害物を越えるためにボールを高く上げるスイング法はこれとは逆。
グリップ部分も積極的に動かし、手元とヘッド部分を等速でスライドさせながら打てば良いのです。



 さらにミート率を高めるために、グリップを1インチ以上、できればグリップ先端部分を
握るほどクラブを短く持つ。




短く持った分だけお尻も5センチ以上落とすようにして構えましょう。


 クラブを短く持って、小さく構え、クラブをレレレのおじさんのように
スライドさせながら振り抜く。



これでバッチリ! 簡単にボールを高く舞い上がらせてグリーンをとらえられます。
ボールの飛距離よりも高さを出したい時は、この打ち方を応用してみてください。


















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ゴルフの「チケット価格」を米ツアーと比較!日本は高すぎる? [雑記]

先ごろ行われたツアー外競技「ネスレ日本マッチプレー選手権」は
優勝賞金7000万円という高額賞金で注目を集めたが、それ以上に話題になったのが、
プレミアムチケットだった。


限定300枚で販売され、価格は3万円。



 このチケットを買えば、プロゴルファーと同じクラブハウスの前の駐車場に車を止めて、
通常大会では入れないクラブハウスに自由に出入りができ、



しかも選手と同じレストランで食事ができる。
さらにプロ仕様のヤーデージブックとオリジナルチェアのお土産までつく。




 しかし、こんな特典をつけること自体、不思議な話。おまけをたくさんつけなければ
3万円をとれないだろうと、主催者もわかっているのだ。


 これが海外になると全米オープンの7日間通し券は450ドル(約5万4000円)。
もちろんお土産はない。



先週開催された、ANAオープンの前売り通し券1万1000円の5倍になるが、
J・スピースやR・マキロイなど、世界のトッププロたちのスーパープレーと、


メジャー設定のタフなコースをじっくり歩いて見ることができれば、決して高くないと、
連日2万人以上もの観客が詰めかけた。



 また、2013年にはタイガー・ウッズが3年ぶりに世界ランクトップでマスターズに出
場するとあって、4日間チケットの闇ルートが前年の3675ドル(約44万1000円)
から1万3829ドル(約166万円)まで跳ね上がったことがあった。



役者がいれば、高くても一目見たいものなのだ。

■「日本は見直すべき」との指摘も


 チケット代が高い大会ばかりではない。
アリゾナで行われるフェニックスオープンのように、



予選ラウンド2日間30ドル(約3600円)、
決勝ラウンド2日間40ドル(約4800円)と、



安い価格設定でファンに人気の大会もある。

地域に密着した一大イベントとして支持され、4日間の入場者数が50万人を超える。
それだけで入場料収入が20億円以上になり、大会の賞金総額約7億5600万円を
軽々とクリアする。


入場料が安くてもギャラリーが多数来場すれば、十分大会運営ができるのがわかる。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「山梨」ヴィンテージリゾート(株)ゴルフ場経営倒産 [雑記]

「山梨」 ヴィンテージリゾート(株)(資本金7500万円、山梨県北杜市須玉町江草3072、
従業員10名)および、(株)ヴィンテージファーム(資本金500万円、同所)は、
9月15日に甲府地裁より破産手続き開始決定を受けた。



 破産管財人は田邊護弁護士(山梨県甲府市中央1-1-18、柳町法律事務所、電話055-233-7124)。
第1回債権者集会は12月25日に開催予定。



 ヴィテージリゾート(株)は、2000年(平成12年)3月に設立されたゴルフ場経営業者。
2000年10月に民事再生法の適用を申請した(株)ダイワヴィンテージ(山梨県北杜市)が
運営するゴルフ場を継承する形で事業をスタート。




『ヴィンテージゴルフ倶楽部』の屋号で営業してきた。


同ゴルフ場は、加藤俊介氏が設計した18ホールの適度なアップダウンがある
丘陵コースを有しているほか、レストラン『ルヴェール』、酒菜処『茅ケ岳』、
ワインセラー『エスカルゴ』などを運営し、2012年2月期には年収入高約6億円を計上していた。




 しかし、天候不順やゴルフブームの衰退を要因として、収入高が減少。
2015年2月期の年収入高は約4億3300万円までダウンしていた。



また、野菜栽培加工を手がける関係会社(株)ヴィンテージファームは、
先行投資が膨らむなか野菜加工場を建設。



当社が、建設費用の連帯保証人となっていたが、建築資金約1億9000万円が長期にわたり
未払状態となっていたため、建設業者から甲府地裁に第三者破産を申し立てられていた。



 負債は2015年2月期末時点でヴィンテージリゾート(株)が約109億円(
うち金融債務4000万円、大半が長期預り金)、(株)ヴィンテージファームが約4億円
(うち金融債務2億5000万円)で、2社合計で約113億円であるが、今後変動する可能性がある。

 なお、今後もゴルフ場の運営を続けて従業員を継続雇用する方針。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ