So-net無料ブログ作成
検索選択
男子ゴルフ ブログトップ
前の10件 | -

石川遼、逃げ切りVで初の日本タイトル獲得!やっと解放 [男子ゴルフ]

サンケイスポーツ 12月6日(日)15時39分配信

 日本シリーズJTカップ最終日(6日、東京よみうりCC=7023ヤード、パー70)


今季ツアー優勝者ら30選手が出場するシーズン最終戦。


2位に3打差をつけて出た石川遼(24)=CASIO=は6バーディー、3ボギーの67で回り、


通算14アンダーで逃げ切りV


今季2勝目となるツアー通算13勝目を挙げ、初の日本タイトルを手にした。



5打差の2位に藤本佳則(26)=国際スポーツ振興協会=が入った。

 石川は「最後まで気が抜けなかった。

やっと解放された。守りに入ったり、球を置きにいくショットは隙を見せることになる。

何が起こるかわからないので、そこだけを注意していた」と話した。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

室田淳のシニア大会におけるプレー態度に厳しい声 [男子ゴルフ]

シニア大会は勝負が最終18番パー5までもつれる面白い展開だった。


 最終組は17番が終わって8アンダーで首位に立つ平石武則(55)と
1打差2位で追う米山剛(50)の2人。


 米山が先にピン手前3メートルへ2オンに成功すると、レイアップした
平石は3打目をカップそばにピタリ、と2人の好プレーに観客が沸いた。



結局、米山のイーグルパットは外れ、平石がバーディーを難なく決めて初優勝したわけだが、
そんなシニアの健闘が光った大会で終盤までV圏内にいた室田淳(60)の
プレー態度がひどかった。



 13番でバーディーチャンスを外し、15番でパーパットを決められなかった時に、
手にしていた中尺パターをグリーン面にパタンと音がするぐらい勢いよく倒したのだ。


また15番ではラフから左に曲げるミスショットにクラブを地面にたたきつけるしぐさを見せ、
17番ではフェアウエーという絶好のポジションからグリーン右に外すとアイアンを放り投げた。


 作家でありゴルフマナー研究会代表の色川わたる氏が「恥をさらすようなことをするな、
と言いたい」とこう続ける。




「プロにとって試合会場は賞金を稼ぐ場所であると同時に、観客に見られているという
意識が必要です。



もちろんアマチュアのお手本になるようなプレーを見せるべきなのです。
パターを勢いよく倒して、もしグリーン面に傷をつけたら後続のプレーにも影響しかねない。



本来なら精魂込めて管理するグリーンキーパーに申し訳ないと思うべきでしょう。
プレーさせてもらっているゴルフ場への感謝の気持ちが室田にはないのでしょう。


マナーやエチケットの欠落がひどすぎますね」

 室田は賞金王を3度獲得し、シニアツアーを牽引している。ファンも多いだけに残念だ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

男子ゴルフ「ゴルフが下手すぎる」と苦言!マイナビABCチャンピオンシップ [男子ゴルフ]

まるで韓国でのゴルフ大会を見せられているようだった。

 最終日最終組は韓国人プロ3人。宮本勝昌(43)、片岡大育(27)の2人が
2位に入ったとはいえ、ベスト10に日本人はたった3人とV争いからは完全に蚊帳の外だった。




 優勝は賞金王レーストップを走る金庚泰(29)。
今季5勝目で2位との賞金差は約7568万円。



2度目の賞金王タイトル獲得に向け、大きくリードした。
毎週のように韓国人プロが活躍して、これではどこの国のトーナメントなのかと
疑いたくもなる。



「ホント、がっかりしました。これまで五十数年間、ゴルフ中継をずっと見てきましたが、
最終日を観戦しなかったのは初めてです」と、評論家の早瀬利之氏がこう続ける。



「3日目が終わった時点で、上位は韓国選手がズラリと並んでおり、ハナから見ようとも
思いませんでした。



日本人が勝たない試合など見たくもありませんから。3日目の中継では、
中継局のアナウンサーと解説の田中秀道が盛り上げようと必死に実況していましたが、
聞いてて哀れでしたね。


かつては数多くのドラマが生まれた大会だけに、余計残念です」

 少しは骨のある日本人プロはいないのか、と腹立たしくなるファンも多いだろう。

「日本人プロがだらしない。韓国人プロが特別強いのかといえば、そうではありません。
ただ日本人プロが下手なだけです。



それなのにもっと練習して技術を磨いて韓国人プロをやっつけてやろうという気
概も危機感さえ感じられません。



こうなったらシード枠を30位(現在60位)までに絞り込んで、プロの厳しさを
知らせるべきです。



それぐらい日本人プロに腹が立ちました」




 もっともシード枠を減らしたら、日本人のシード選手はダレもいなくなった、
ということも十分考えられる。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

タイガー・ウッズの復帰が不透明!戦線離脱は長期化 [男子ゴルフ]

腰の故障で戦列を離れているタイガー・ウッズの復帰の時期が不透明になってきた。


ウッズは20日(火)、イベントのため訪問中のメキシコでケガの経過と今後について語った。



8月の2014-15年レギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選手権」出場後、
定例の精密検査を受け、9月中旬にキャリアで2度目となる腰の手術をしたウッズ。



カムバックのタイミングに注目が集まる中「リハビリをまもなく開始する。
退屈で、長いものになるだろう」と話した。




ウッズは14年の「マスターズ」直前に初めて腰の手術を受け、約3カ月後に復帰。
当時は「戻ってくるのが早すぎた」と、たびたび痛みがぶり返し、その後の戦いに影響が出た。



「前回の手術の時も、戻るまでに時間がかかった。



ツアーの何人かの選手は、1年くらい同じように段階を踏んで、
痛みをなくして戻ってくる選手もいる」と、今回は慎重な姿勢で故障と向き合うとみられ、
復帰時期について明言を避けた。




例年は米ツアー「ファーマーズインシュランスオープン」など、
1月下旬の試合で新年の戦いをスタートさせているが、米メディアの間では3月の
「アーノルド・パーマーインビテーショナル」、




もしくは4月「マスターズ」でのカムバックを予想する報道や、15-16年シーズンは
棒に振る可能性があるといったものなど、様々な憶測を呼んでいる。




ウッズの最後の優勝は、13年「WGCブリヂストンインビテーショナル」。
メジャーでは08年「全米オープン」を制して以降、通算15勝目が遠い。



とはいえ、そのモチベーションは高く保たれたまま。ジャック・ニクラスのメジャー通算18勝
の最多記録更新について、周囲の期待がしぼんでも「重要なことは現役を終えた時に1
8勝以上していること。



ジャックはキャリアを通じて18勝した。



僕のそれはまだ終わっていないよ」とキッパリ。今年12月に40歳。「
大切なことは健康な状態で40代に入ること。その年で何勝もしたビジェイ・シンのようにね」と、
長い目で自身の将来を見据えていた。













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

男子プロゴルフに“底上げ策”提言 [男子ゴルフ]

現在国内の男子ツアーは年間24試合にとどまり、82年のピーク時の46試合はもちろん、
女子ツアーの37試合にも遠く及ばない。




 欧米ツアーに比べてコース難易度が低いとはいえ、戦う場がなければ技術はもちろん、
メンタルのレベルアップもできない。



私が専門であるメンタルトレーニングの指導だけではどうしても限界がある。
そのためには、国内ツアーを充実させなければならないと常々思っている。



女子ツアー並みの年間37試合に近づけることが急務である。


 そこで一つ提案したい。テニスウィンブルドンをはじめとする4大大会では長年にわたり、
男女とも賞金は同額である。



現在、男子ツアー優勝賞金の多くは2000万円から4000万円だが、現状を考えるなら、
女子の賞金額(2000万円以下が主流)まで下げたらどうか。



 09年にレギュラーツアーに復帰した関西オープンの優勝賞金は女子ツアー並みの1400万円。
昨年から始まったダンロップ・スリクソン福島オープンは1000万円だ。



これらと同規模のトーナメントに協力してくれるスポンサーを見つけることだ。
国内の試合数を増やさない限り、第2、第3の松山英樹は出てこない。












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

松山英樹はダンロップ新ゼクシオもテスト [男子ゴルフ]

9月末に幕を閉じたばかりの米ツアーのシーズンは、わずか3週間後に新しい1年が始まる。



松山英樹は15日(木)にカリフォルニア州のシルバラードCCでティオフする
2015-16年の開幕戦「フライズドットコムオープン」に今年も出場。



前週の「ザ・プレジデンツカップ」を終え、当地でさっそく調整に臨んでいる。



128366_360240.jpg




松山は開幕2日前の13日(火)、ラウンドは行わずコース内の練習場で打ち込みを行った。
この日、テストした多くのクラブの中には、ダンロップスポーツが今月初旬に発表したばかりの「
ゼクシオ ナイン」の1Wもあった。



一昨年、そして昨年はといずれも3位の成績を収めている大会だが、
今年は自分のコンディションとの戦いがカギになりそうだ。


韓国で世界選抜の一員としての役目を果たした松山は、12日(月)に仁川から成田を経由し、
16時間の時差を越えて再渡米してきた。




サンフランシスコまでの機内では睡眠を摂れず、この日も「眠い…眠いです…。
体調は元気なんですけどね」。夕方のパッティンググリーンでは握手を交わした
チームメイト、シャール・シュワルツェル(南アフリカ)も「3時間しか眠れていないよ…」と
一緒に苦笑いした。



松山は「キツイですよ、そりゃ。でもしんどいのは、みんな同じ。コースの印象も
去年悪くなかったし、こういうの(厳しい日程)も、1回やってみようと思ったんです」という。



次週はオープンウィークとする予定で、その翌週からは再びアジアに戻り、マレーシア、
中国での連戦に臨む。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

アダム・スコットが来日 日本オープン!ユニクロ [男子ゴルフ]

今週15日(木)から六甲国際ゴルフ倶楽部で行われる「日本オープンゴルフ選手権競技」
に出場するアダム・スコット(オーストラリア)が12日、来日した。



韓国で行われた「ザ・プレジデンツカップ」最終日の翌日に休む間もなく移動。
会場のある兵庫に入る前に、都内でユニクロ社の製品ミーティングに参加した。



128306_600400.jpg




午前中に東京・六本木のユニクロ社を訪れたスコットは、開幕を3日後に控えた
日本のメジャートーナメントで着用する4日間のコーディネートを確認。



期間中にはプロテニスの錦織圭も使用するカラーブロックデザインのポロシャツも
着る予定で「僕も好きなデザイン。



錦織選手と同じデザインを着ている時は、周りの人からもよく声をかけられるんだ」と
笑顔で話した。



同社はリサイクルウエアを難民に寄贈するなど国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)を
通じて支援活動を行っている。


スコットは「できることがあれば協力したい」と、今大会でポロシャツの右袖部分に
UNHCRのロゴを入れてプレーすることを決めた。



スコットとユニクロはゴルフウエアの共同開発を進めており、今後展開する商品に関する
機能面やデザイン、カラーバリエーション等への意見交換も行った。



「オフィスで仕事をしたり、ちょっと外に出る時にも着られたりする服は重宝する」と
ライフウェア”というユニクロのコンセプトを進化させるため、ゴルフ場の外、
移動やリラックスタイムに着る服のさらなる向上を目指した。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

岩田寛は米開幕戦に向け今夜渡米 [男子ゴルフ]

国内男子ツアー「HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF
最終日を56位からスタートした岩田寛は7バーディ、3ボギー「67」(パー71)でプレーし、
通算1アンダーの44位でホールアウト。



国内ツアーは今週のホスト大会で区切りをつけ、次週からは新たな主戦場、
米国ツアーに身を投じる。



岩田は次週の2015-16年シーズン開幕戦「フライズドットコムオープン」
(10月15日~/カリフォルニア州・シルバラードCC)出場に向けて、今夜未明に渡米する。



いよいよ夢舞台に立つ瞬間が迫ったが、「楽しみでは・・・ないです。
日本でもそうですけど、不安しかない」とか細い声。



ルーキーシーズンの目標は「向こうに行ってから決めていきたい」と、
未知の高みに飛び込む思考は極めてシンプルだ。



米国にも帯同するエースキャディの新岡隆三郎さんは、「変に気持ちが入っても余計に
空回りするだけだし、数試合やってからアメリカでのスタイルを見つければいい」と、
やはり肩ひじ張らず、シーズン序盤はノープランで臨む考えを示した。



岩田は開幕翌週の第2戦「シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン
(10月22日)にも出場。




その後は、出場資格が得られれば中国開催の「HSBCチャンピオンズ」(11月5日~)、
得られなければ同週開催の米国ツアー「サンダーソンファームズ選手権」に回る予定。


エントリーできる試合はすべて出場する意思を示しており、
年内は計5試合ほどの出場を見込んでいる。



なお、前年大会で3位に入った「HSBCチャンピオンズ」に出場するには、
2週間後の「ブリヂストンオープン」終了時点の国内男子賞金ランクで上位2名(
辞退者が出れば繰り下がる)に入ることが条件。


岩田は今週を終えて同2位から3位に後退している。













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

50本のクラブ使用 高山忠洋のこだわり [男子ゴルフ]

「僕のワガママにいつも応えてくれて感謝しています」。
国内男子ツアー「HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF



2日目を8位から出たホストプロの高山忠洋が5バーディ、ノーボギー「66」(パー71)を
マークし、通算7アンダーの3位に浮上。



契約する本間ゴルフに改めて感謝の言葉を口にし、「優勝だけを目指します」と言い切った。



道具への注文は「僕が一番でしょう」という自覚があるからこそ、「恩返しがしたい」
気持ちは強い。



今週からバッグに入れているアイアン型ユーティリティも、既存のモデルよりも「
コントロールできながら、もうちょっと易しくして」というリクエストを元に造られた特注品だ。



「その“ちょっと”がすごく嬉しいんです。
プロとプロが話せている感じがするし、それに応えてくれる」。




手にするクラブは、地面の硬さや芝質などのコース状況、高山自身の状態に
よっても変わるという。



そのため、キャディバッグは2セット携帯し、コースには常に1Wからウェッジまで
約50本の“高山用”クラブが揃えられている。




そのスペックはそれぞれ僅かな違いではあるが、「全部の特性が分かっている」。
ちなみに今の1Wのロフト角は7.8度、3Wは13.7度というコンマ一桁の調整が施されている。



そんな高山の繊細な感性は、ツアー担当者も舌を巻くほどだ。高山の要望を受けて
ノーメッキの10番アイアン(ロフト47度)を作ったところ、「ソールが滑らない」との注文が。



ソールだけをメッキ仕様にしたところ納得の出来に仕上がったというが、
塗布するメッキの厚さにも検討を加えたというから驚きだ。




男子ツアーだけで6人が帯同する現場スタッフの苦労がうかがえるようだが、
「経験値になるし、高山さんから学ぶことも多い。



それを形にしつつ、他の契約選手にもあてがうことができる」とツアー担当者。
同じ契約プロの谷原秀人、藤本佳則らもクラブに強いこだわりを持つタイプ。



多くのリクエストと、それに応えるスタッフの努力が生む好循環が、
“チーム本間”の団結を強くする。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

本間ゴルフ熱意系ゴルフトーナメント、始まる [男子ゴルフ]

本気でゴルフに取り組む人たちへ。忘れていた興奮を呼び覚ます。熱意系トーナメントの幕が開く。
いま、ツアーで一大勢力の一つを築く。昨季賞金王の孔明や、目下賞金ランク2位のヒロシら、
トッププロを擁する本間ゴルフと、アコーディアゴルフが今年新たな大会を起ち上げた。



「HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF」は、茨城県の石岡ゴルフ倶楽部を舞台に、
10月8日から開催される。



歴史の流れは、2012年までさかのぼる。ゴルフ史上の発展に貢献したいとその年、
本間ゴルフが興したのが「TOURWORLD」。



クラブ作りの職人たちが、ゴルファーたちの熱意にとことん応えて、
こだわりの逸品を作り出すという一大プロジェクト。その元年として、「熱意系HONMA。




はじまる。」と大々的に銘打たれた。



それをきっかけに、同社の熱意に打たれたプロゴルファーたちが、次々と結果で応え始めた。
熱意系プロゴルファーたちが、ゴルフ界に新たな流れを作り始めた中で、


ついに2015年は、その第2ステージである。




「熱意系HONMAの、次なる挑戦」との新キャッチフレーズのもと、さらなるブランド力アップと、
ゴルフ界への貢献を目指してこのたびのトーナメントの新規開催が決まった。



期間中はテレビ生中継や、インターネット中継を実施して、ゴルフの楽しさをあますところなく
伝えていく。



また会場では試打会や用具のフィッティング、プロゴルファーによる観戦ツアーなどが
予定されており、熱意系ゴルファーはもちろんのこと、その予備軍からも愛されるトーナメントを
目指して、新たなファン層の拡大を狙う。



一連のプロジェクトの中核をになうのが、本間ゴルフの契約選手たちである。
“熱意系ホストプロ”が今週は石岡で、熱く燃える・













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - 男子ゴルフ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。