So-net無料ブログ作成

ゴルフ会員権が冬でも高値なぜ? 株高で富裕層購入多く値上がりか? [情報]

Sponsored Link

ゴルフ会員権が値上がりしている。



下がっていたのになぜ、
米大統領選後の株高を背景に
個人富裕層の資金が流入している。



そんな今までは冬場はオフシーズンのため例年は閑散期にあたるが、今年は異例の展開。



富裕層の購入が多いリゾート会員権の取引も活況と
なっていることの情報。



資料から関東ゴルフ会員権取引業協同組合
(東京・千代田)がまとめた関東圏の平均価格
(主要150コース平均)は、5日時点で167万円。


スポンサードリンク








逆戻りしてます、その原因は


2016年12月から上昇が目立つようになり、年明け後もさらに上がっている状態。




直近安値の16年11月末と比べると10万円以上高い。





夏から値下がりが続いた反動もあり「高額コースに
個人の買いが戻っている」(仲介大手の桜ゴルフ=東京・中央)。





会員権流通価格が1470万円前後の戸塚カントリー倶楽部(横浜市)や
520万円前後の麻倉ゴルフ倶楽部
(千葉県佐倉市)など高価格帯の会員権が値上がりしている。


バブルの時と同じ感じが渦巻いてますが、


スポンサードリンク











しかし近畿や中部のコースは目立った値上がりはみられないのが不思議。





なぜだかリゾート会員権の取引も増えている。





仲介大手のe会員権(横浜市)は16年12月の取引件数が前年と比べ25%増えたそうです。





例年は夏休み時期の8~10月に取引が盛り上がるため、冬に取引が増えるのは珍しいという。



この現象は不思議なのですが、一般の利用は
値上げになるでしょう。


オリンピック・トランプかは分りませんが
ゴルフ大好きたちには、安くプレイできる


環境が一番の喜びです、安くプレーできれば
最高です。

スポンサードリンク


























Sponsored Link


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。