So-net無料ブログ作成

室田淳のシニア大会におけるプレー態度に厳しい声 [男子ゴルフ]

Sponsored Link

シニア大会は勝負が最終18番パー5までもつれる面白い展開だった。


 最終組は17番が終わって8アンダーで首位に立つ平石武則(55)と
1打差2位で追う米山剛(50)の2人。


 米山が先にピン手前3メートルへ2オンに成功すると、レイアップした
平石は3打目をカップそばにピタリ、と2人の好プレーに観客が沸いた。



結局、米山のイーグルパットは外れ、平石がバーディーを難なく決めて初優勝したわけだが、
そんなシニアの健闘が光った大会で終盤までV圏内にいた室田淳(60)の
プレー態度がひどかった。



 13番でバーディーチャンスを外し、15番でパーパットを決められなかった時に、
手にしていた中尺パターをグリーン面にパタンと音がするぐらい勢いよく倒したのだ。


また15番ではラフから左に曲げるミスショットにクラブを地面にたたきつけるしぐさを見せ、
17番ではフェアウエーという絶好のポジションからグリーン右に外すとアイアンを放り投げた。


 作家でありゴルフマナー研究会代表の色川わたる氏が「恥をさらすようなことをするな、
と言いたい」とこう続ける。




「プロにとって試合会場は賞金を稼ぐ場所であると同時に、観客に見られているという
意識が必要です。



もちろんアマチュアのお手本になるようなプレーを見せるべきなのです。
パターを勢いよく倒して、もしグリーン面に傷をつけたら後続のプレーにも影響しかねない。



本来なら精魂込めて管理するグリーンキーパーに申し訳ないと思うべきでしょう。
プレーさせてもらっているゴルフ場への感謝の気持ちが室田にはないのでしょう。


マナーやエチケットの欠落がひどすぎますね」

 室田は賞金王を3度獲得し、シニアツアーを牽引している。ファンも多いだけに残念だ。

Sponsored Link


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。